筋トレにおいての食事の重要性

筋トレにおいての食事の重要性について取り上げます

皆さんはそれぞれ目的を持って筋トレを行っていると思います。

 

健康のために筋トレをする人、筋肉に憧れて筋トレをする人様々な理由があるでしょう。

 

実は筋トレと食事が大きく関わっていることをご存じですか?

 

食事の取り方一つで大きく筋トレの効果を高めることができるんですよ。

 

ここでぜひ食事をどのようにとるのが良いのか学んでいってくださいね。

 

 

タンパク質と炭水化物の必要性

食事は様々な栄養を摂取することができます。

 

その栄養のなかでも筋トレに特に関わってくるのが、タンパク質と炭水化物になります。

 

まず、筋トレなど体を動かす際につかうエネルギーは炭水化物から摂取します。

 

“炭水化物は太るからとってはいけない”というイメージがあるかもしれません。

 

確かに炭水化物の摂り過ぎというのは脂肪の原因になってしまうのでよくありません。

 

しかし炭水化物をとらないでいると、エネルギーが補給できていない状態になってしまいます。

 

エネルギーが補給できていない状態のまま筋トレを行ってしまうと、カラダを無理させてしまうため倒れてしまったりする危険性があります。

 

さらにエネルギーが不足してしまうと、カラダは筋肉をエネルギーに変えてしまおうとします。

 

そのため、逆に筋肉が減ることになってしまうのです。

 

そしてタンパク質は、筋肉をつくるために重要な要をもつエネルギーになります。

 

筋肉をつけることも、維持することも、タンパク質による力です。

 

卵、魚、肉などにたくさんタンパク質は含まれているため、ぜひ摂取するよう心がけてください。

 

食事回数を6回に分ける

皆さんは基本食事を朝、昼、晩と3食、食べていると思います。

 

しかし、筋肉をつけたい方はさらに多い6食へ分ける方法が良いとされています。

 

食べる回数が増えたからといって、食べる量を増やすわけではなく、今まで食べていた3食分を、6回に分けて摂取するようにしましょう。

 

食事は筋トレをする前後に行うのが良いとされています。

 

食事の例ですが、筋トレを行う前はエネルギーを補給するために30分前までに炭水化物を取るようにすると良いでしょう。

 

はやめにとっておく理由は、栄養をエネルギーに分解させる時間が必要だからです。

 

またトレーニング後は、筋肉をつくるタンパク質を摂りましょう。

 

タンパク質ははやめに摂ってカラダにタンパク質を補給させるのが良いのですが、
実際すぐに食事を行うことはなかなか厳しいと思います。

 

なので筋トレ後はすぐプロテインなどを飲んで、タンパク質を補給すると良いでしょう。

 

そして食事でしっかりとしたタンパク質と少し炭水化物を摂取してくださいね。

 

自分にあった食事を

筋肉をつけるためには、筋トレなどの運動だけではなく、考えた食事を正しく食べることもとても大切になります。

 

そしてさまざまなタンパク質や炭水化物を摂取できる食品のなかから、自分にあった食材や調理法を見つけることが正しい食事を続けるために大切になってくるはずです。

 

ぜひ自分にあった食事の方法を見つけ、運動とともに続けていってくださいね。

関連ページ

腹筋を効率的で効果的に割る方法
腹筋を効率的で効果的に割る方法詳しく取り上げます。
40代から始める運動不足解消方法
40代から始める運動不足解消方法を詳しくご紹介
姿勢を改善させるためのストレッチ方法はコレ!
姿勢を改善させるためのストレッチを色々詳しく取り上げます。
プロテインは肝臓に悪い?
プロテインは肝臓に悪いのか徹底検証致します。