プロテインは肝臓に悪い?

プロテインは肝臓に悪いのでしょうか?

運動をする人や筋肉をつくりたい人には身近なプロテイン。

 

そんなプロテインですが、摂取のしすぎは実は“肝臓に良くない”ってしっていましたか?

 

プロテインはただのタンパク質なのによくないの?と思う方もいるとおもいます。

 

なんでも摂り過ぎは良くないとは言われているものの・・

 

 

じゃあ肝臓にどんな影響が及ぶの?プロテインってどれくらいが摂り過ぎ?という疑問が浮かび上がってきますよね。

 

肝臓への影響

肝臓の働きの1つにタンパク質代謝というものがあります。

 

タンパク質代謝とは、タンパク質を体内で使えるように変化させてしまうことです。

 

食事やプロテインで摂取したタンパク質は小腸でアミノ酸に分解され、肝臓が各器官で使用できるようにしています。

 

 

さらに肝臓は他にも、有害な物質を無害な物質に変えたりするなどたくさんの役割を持っているため、とっても働き屋さんなのです。

 

そこにプロテインを過度に摂取して、タンパク質を摂り過ぎてしまうと、肝臓の仕事はさらに増えてしまいます。

 

 

すると肝臓は過度に動くことになってしまうため、疲労してしまい、肝臓としての機能が低下してしまいます。
肝臓としての機能が低下してしまうとたくさんの役割をもっているため、カラダにたくさんの部分に悪い影響を与えてしまいます。

 

しかし、プロテイン自体はただのタンパク質です。危険な物質が入っているわけでもカラダに悪くもありません。

 

はやく筋肉をつけたいからといってたくさん摂り過ぎてしまうと良くないのです。

 

プロテインの目安

人が1日にタンパク質をどれだけ摂ればよいかの目安ですが、普段運動をしていない人は大体、体重×1kgです。つまり60kgなら60gです。

 

一般よりスポーツをしてる人、鍛えている人は体重×1.5〜2.0kgと一般より少し多めが目安です。

 

筋肉をつけるためのタンパク質ですから、筋肉がついている人は多めに摂らないと筋肉にならないのです。

 

 

しかしタンパク質は2gを超える摂取は過度とされます。2gが安全と危険のラインなので注意してください。

 

人は普段の食事から大体、男性だと70〜80g、女性だと60〜70gのタンパク質を摂取しているとされています。

 

つまり、食事のみでもタンパク質は十分に取れているんですね。

 

プロテインだけでタンパク質をとるわけではないので、食事のぶんは差し引いて、足りない分をプロテインで補給するようにしてください。

 

プロテインは正しい飲み方で

プロテインの過度な摂取は肝臓に悪い影響を与えることがお分かりいただけましたでしょうか?

 

筋肉をつけたいからといって、プロテインをたくさん飲めばいいというわけではないのですね。

 

プロテインを飲む際には、タンパク質は基本食事でとり、足りない分をプロテインで賄うといった飲み方にしましょう。

 

はやく効果を得たいからと無理をして飲み過ぎないようにして、肝臓も健康なまま、効率よく自身のカラダを鍛えてくださいね。

関連ページ

腹筋を効率的で効果的に割る方法
腹筋を効率的で効果的に割る方法詳しく取り上げます。
40代から始める運動不足解消方法
40代から始める運動不足解消方法を詳しくご紹介
姿勢を改善させるためのストレッチ方法はコレ!
姿勢を改善させるためのストレッチを色々詳しく取り上げます。
筋トレにおいての食事の重要性
筋トレにおいての食事の重要性をご紹介します。